信頼できる口コミ

病院・鍼灸・整体等、八王子周辺のものをレビューします。

なかよし医院の口コミ(江戸川区平井)

   

名称がふじた診療所の時から通っていたが、2018年10月に通院をやめることにしたので、これを機に口コミを。

さて、検索エンジンからこのページに来た方は、主に2つのことが気になっているのだろう。

1:本当に難病が治せるのか?
2:宗教色強いけど大丈夫?

まず、1については、言うまでもないが、人による。
治る人もいるし、治らない人もいる。
私は治らなかった。
とりあえず、上頚神経節ブロックの感想は以前書いたのでそちらを参考に。それから更に10回ほど打つも、これといった変化は無し。

「人によるなんて言われたって、そんな情報は何の役にも立たない。私が知りたいのは、私が治るかどうかだ」
多くの人はそう思うだろう。
なので、目安として、私が思う治りそうな患者のタイプを述べる。
私は医療関係者でもなんでもないので、素人の意見として聞いてほしい。

関節痛・神経痛関連は治る可能性が高いと思う。特に、大学病院などで手術をすれば治るかもしれないと言われた患者。
手術で治る=原因が分かっているということだ。
そこら辺の整形外科医は注射の腕も頭も悪いので、物理的な原因を手術でしか取り除けない。
藤田先生は注射の名手なので、他のペインクリニックでは危険すぎてやりたくないと言われるような、頸部硬膜外ブロックだってやってくれた。

この記事を読んでいる方は、藤田先生のブログも読み込んでいることだろう。
そちらには関節内注射やブロック注射は、下手な医者がやっても効果が無いことが散々書かれている。
本当は注射で治せるのに、担当医にそれだけの技量も知識も無いから、とりあえず手術を勧められる患者が、世の中には沢山いると想像できる。
そのような人は、新幹線に乗ってでも一度は藤田先生に診てもらう価値はあるだろう。

それから、難聴。
難聴は内耳の血流障害が原因の一つと考えている医者は少なくないようだが、そこにアプローチする手段を持たない。
上頚神経節ブロックは内耳の血行を改善できる(と思われる)から、治せる。
この考えは理にかなっていると私は思うので、難聴患者も診てもらう価値はあるだろう。
勿論、全ての難聴がこれで治せるわけではないが(藤田先生の論文からも分かるように、全員が治っているわけじゃない)、耳鼻科や鍼灸などの他の治療に比べて、圧倒的に可能性は高いように見える。

あと、血流つながりで言えば、鬱病なんかもいけそう。認知症も。
ただ、本当に上頚神経節ブロックで血流が上がるのかというと、そんな保証はない。
自分は医学素人なので見当違いだったら申し訳ないが、ブロック前とブロック後に光トポグラフィーや脳血流シンチグラフィーなどで検査して、画像比較したデータを示してもらえれば、血流が上がったか客観的に判断できると思うのだが。
そういう実験をするつもりはないのだろうか、通っている内に訊いておけばよかったと後悔している。
まあ、そのような設備があるところ自体少なく、その中で協力してくれる医療機関なんてまずないので、どうせやろうと思ってもできないだろうが。

では逆に、局所的な部分に原因がある痛みではなかったり、現代医学で血流障害が原因とされている病気でないなら、藤田先生でも治せない可能性が高い。
例えば、私の肩の痛みなら、頸部硬膜外ブロックを打てば理論上は上肢の痛みは全て消えるはずだが、私には効かない。
この痛みは原因不明であるが、脳幹の血流不足が原因という推測のもとで上頚神経節ブロックが行われる。
しかし、脳幹が原因という見立てがそもそも違っているかもしれない。
その場合は、いくら上頚神経節ブロックをやったって無駄だろう。

上頚神経節ブロックは万病に効く魔法の注射ではない。
効果自体も、星状神経節ブロックを大きく上回るとは言え、そもそもあっちがおまじない程度の効果しかないのだから。
私の症状を例とすれば、軽い不眠症一つとっても、上頚神経節ブロックよりも市販の鼻炎薬の方が、断然よく眠れる。
不眠症すら治せないのに、ALS症が治るだなんて、私だったらとても期待はできない。

改めて簡単にまとめると、関節痛・神経痛の人には受診を強く勧めたい。
難聴・鬱病・身内が認知症の人は、電車で1時間位なら、治ればラッキーくらいの気持ちで行ってみては。
それ以外の症状の人はダメ元の姿勢で臨もう。

続いて、2の宗教について。
注射で治る患者は、まず注射で治そうとしてくれるので、そんなに心配しなくてもいいのではと。
ただ、注射で治らなかった時の勧誘は中々激しいので、意志が弱い人は危ないから行かないほうが良いかも。
初回でご加持(心霊治療)を勧められることは少ないはずなので、試しに一回行く分には。
場合によっては、初診で密教の話が出るかもしれないが、はっきり興味ないと答えれば、藤田先生はそこまで強くは押してこない。
逆に、「ご注文の他にポテトはいかがですか?」を断れない(断ることに罪悪感を覚える)ような人は、数万円のお布施を払うことになるのでやめておこう。
又聞きではあるが、気弱な患者が帰りの電車賃を残して財布の中身を全て持っていかれたケースもあるらしい。

ひとまず今回は、このくらいで終わりにしておこうか。
宗教の方については、後に別ページでまとめるかもしれない。
他にこの診療所について気になることがある人は、コメント欄に書き込みでもして頂ければ、私に分かる範囲でならお答えしよう。

adtes




 - ペインクリニック, 不眠症, 整形外科, 病院, 肩こり