信頼できる口コミ

病院・鍼灸・整体等、八王子周辺のものをレビューします。

八王子クリニックの口コミ

   

ある朝のこと。
排便時、肛門に痛みを感じました。
拭いたら、少しだけ血が付いていました。
今までも何度か同じことがあり、放っておいたら治ったので、あまり気にしませんでした。

翌日、痛みが増しました。
放っておいて治るパターンの時は悪化しなかったので、
これは不味いと思い、急いでボラギノールを買って塗りました。

そして次の日、ボラギノールは効きませんでした。
凄く痛い。リアルに「ひぎぃ」です。
もうこれ以上、この状態で排便は無理。
トイレから出て一時間以上経っても肛門は痛み続けます。
一刻も早く治療したい。
前立腺炎で慣れている為、肛門科に行くこと自体には特に抵抗が無いので、すぐに病院を探しました。

私は比較的ネガティブな性格ですから、何も分かってないこの時点で、最悪手術も覚悟しました。
もしも手術が必要なら日帰りがいい。
そんなことを考えながら、ネットで検索すると、「八王子クリニック」がヒットしました。
痔の日帰り手術に実績があるらしく、まあまあ名が知れてるっぽい雰囲気でした。
 

高校生の頃、八王子クリニックの皮膚科に掛かり、少し嫌な思いをしました。
背中の痒みで診てもらって、シャンプーが悪いと言われました。
今までずっと同じシャンプーを使っていたので、いきなり痒くなったことに納得がいかず、食い下がると
「後に患者が詰まってて、君一人にそんなに時間は掛けられないから、早く帰って」
と、凄くめんどくさそうにされました。
だんだん蓄積して、ある時突然症状がでるのがアレルギーだということは分かってますし、
なるべく速く患者を捌きたい気持ちも理解できなくはありませんが、
このように雑な対応をする医者の所に二度行こうとは思いません。
ちなみに、この後シャンプーは替えませんでしたが、塗り薬で痒みは止まりました。
 

痔の話に戻って、今回は科が違うから医者も違うだろうし、急を要するので、すぐにここに行きました。
待ち人数自体は少ないのに、
前の患者が終わってから、次の患者が呼ばれるまで、謎のインターバルがあるので、
結構待たされました。
この感じ、懐かしい。
まあ、予約無しなので仕方ないのですが。
肛門に指を突っ込まれ、診断。
ヒリヒリと痛い。
前立腺炎の診察の時と同じ痛さ。
「肛門が狭いね」
「手術必要ですか?」
「珍しいタイプだから何とも言えないけど、多分薬で治るでしょう。二週間後、また来てください」
肛門が狭いのが珍しいのではなく、
他にもう一つ特徴を言われ、それが合わさって珍しいのですが、
申し訳ありません。
何と言われたか忘れました。
塗り薬(強力ポステリザン)と炎症止めの錠剤(名前は忘れた)と芍薬甘草湯を出され、
次の日には大分良くなり、二週間後にはほぼ治りました。

再診の日。
診察室に入ると、まず目に入ったのは、若くてちょっと可愛い看護婦さん。
今まで私は病院でズボンを下ろしたとき、隣にいたのは愛想の悪い不細工なBBAばかりだったので、
これは年賀はがきで切手シートが当たることに匹敵する幸運だと思いました。
「症状はどうですか?」
「殆ど治りましたが、たまに少し痛い時もあります」
「そうですか、じゃあ後ひと月分薬を出すので、それを使い切ったらもう来なくて大丈夫です」
まさかの退室を促されました。
「今日は触診はしないんですか?」
「触らなくても君の肛門が狭いのは分かってるからね」
そりゃあ、向こうも男の肛門に指入れたくなんてないだろうし、
こっちもおっさんに尻穴を穿られたくはないですが
(綺麗なお姉さんになら穿られたいという意味ではない)
治ったかどうかの確認で触診はして欲しかったです。
決して、運良く若くて可愛い看護婦さんに当たったから、
下半身を見せつけて、どんなリアクションをしてくれるか楽しみたかった、
という訳ではありません。

気になることが2つありました。
前回、肛門が狭いと言われ、ネットで調べると、肛門狭窄という症状を知りました。
自分はそれなのか。だとすれば、根本的に治さないとまた痔になるみたいです。
でも肛門狭窄なら、便の細さが鉛筆くらいになるそうです。
私の便はペットボトルの蓋くらいの太さなので、そう考えると違う気もします。
そもそも、本当に肛門が狭いのか?
たまたま、前回そうだっただけの可能性は?
それと、前立腺炎の検査をすると毎回肛門が痛む理由は何なのか?
本来、肛門に何かを入れても痛みは無い筈ですが、自分はいつも痛い。
これは痔なのだろうか?

血も出なくなり、痔は治ったと思われます。
この状態でもう一度詳しく診てもらって、疑問点を解決してほしいと思っていたのですが、
非常に残念ながら、そのまま帰されました。
決して、運良く若くて可愛い看護婦さんに当たったから、下半身を見せつけて、どんなリアクションをしてくれるか楽しみたかった、という訳ではありません。

 

まとめ

痔は治ったので、駄目な医者だとは思いませんが、やっぱり私はここが好きではありません。
そういう方針の病院なのか、どうも診察をめんどくさがるきらいがあるように思えます。
このような所は信用できないです。
待合室のモニターに、常に高額な人間ドッグの広告が流れていますし、
芸能人が健康診断をする番組で、この病院が出ていたのを見たこともありますが、
ここで検査しても見落とされそうな気がしてしまいます。
真摯に患者と向き合う医者がいる病院だという印象ではありません。
どちらかというと営利目的の方が強い感じ。
それが悪いことだとは言いませんけど。大抵の病院がそうですし。
とりあえず、再診時に触診をしてくれなかったせいで、また別の肛門科に行ったので、
余計に初診料が掛かってしまいました。
再診できちんと下着を脱がせて、看護婦さんのサポートとともに肛門の確認をしてくれたら、
もう少し評価が良くなったでしょう。
決して運良く若くて可愛い看護婦さんに当たったから下半身を見せつけてどんなリアクションをしてくれるか楽しみたかったという訳ではありません。

 - 病院, 肛門科