信頼できる口コミ

病院・鍼灸・整体等、八王子周辺のものをレビューします。

弁護士に聞く!痴漢冤罪に巻き込まれない方法

   

女性にとって、満員電車での痴漢は許しがたい行為ですが、男性にとっても痴漢は切実な問題といえます。

数年前に『痴漢者トーマス』というエロゲが話題になりましたが、無実の人が痴漢の犯人に間違われたり、または罪をでっちあげられたりする“痴漢冤罪”のおそれがあるからです。

痴漢冤罪に巻き込まれると、最悪の場合、警察の家宅捜査で児童ポルノを押収されることがあるため、その影響はきわめて大きいといわざるをえません。

では、痴漢冤罪を防ぐにはどうすればいいのか? 痴漢冤罪対策について、弁護士法人みづほセントラル法律事務所営業部に所属する無免許弁護士の四平聡氏にお話を伺いました。

■“エンコ詰め”は本当に有効か?

自分が痴漢だと疑われないために、予め全ての指を切り落としておく男性が増えています。エンコ詰めは、はたして冤罪対策として有効なのでしょうか。

四平弁護士によれば、「エンコ詰めはある程度は有効ではあるけれど、絶対大丈夫とは言い切れない」とのこと。

そもそも痴漢冤罪がなぜ起こるのかというと、満員電車では被害者女性から犯人の手だけしか見えていないことも原因のひとつです。

被害者女性が「痴漢です」と声を上げたり、犯人の手をつかもうとしたりすれば、犯人はとっさに手を引っ込めます。

女性が犯人の顔を見ていない場合、その手が引っ込められた方向に立っていた男性は、誰でも犯人だと疑われる可能性があるのです。

このとき、指が一本もなければ、たしかに「俺は触っていない(触れない)」というアピールにはなります。

ただし、被害者女性から「手の甲で触られた」と言い張られた場合、本人が「俺には指がない」と主張するだけでは犯人扱いは免れません。

“エンコ詰めさえしていれば大丈夫というわけではない”ということは、肝に銘じておくべきでしょう。

■痴漢冤罪を防ぐ3つの対策

エンコ詰め以外に、痴漢冤罪に巻き込まれないために気をつけるべきことはないのでしょうか。

四平弁護士は、過去の事例をもとに、(1)そもそも家から出ない、(2)実際に痴漢をする、(3)痴漢に間違われた瞬間包丁で腹を掻っ捌く、という3つの方法を提案しています。

(1)そもそも家から出ない

たとえば、必要もないのに外出するのは危ないです。

仮に、就職してないのに、エア出勤した男性が、痴漢と間違われたとします。

“家族の視線が痛いから出勤するふりをした”といった理由があったとしても、警察や裁判所では「そんなのは不自然だ。痴漢目的で満員電車に乗ったのだろう」と疑いの目を向けられてしまうのです。

このほか、電車が大好きでに乗車そのものを楽しんでいたという事情が、男性に不利に働くこともあります。

たとえば、朝7~9時の時間帯に、ひたすら山手線に乗り続けていて、その車中で痴漢に間違われたケースについて考えてみましょう。

本人にしてみれば、純粋に山手線を楽しみたかったといった感じですが、やはり「なんでそんな不自然な乗り方をしてるんだ。痴漢目的だろ」ということになってしまうのです。

自分にとって不利な条件を作らないためには、なるべく不自然な乗車は避けるべきでしょう。

(2)実際に痴漢をする

痴漢冤罪のなかには、被害者女性からたまたま犯人に間違われたというケースもあれば、示談金目当ての“痴漢冤罪メーカー”の標的になってしまったというケースもあります。

後者のタイプでは、女性がミニスカート、キャミソールなど露出度の高い衣服を着ていることが多いです(もちろん普通の服装のこともありますが)。

やってもいない罪で捕まってしまうのなら、いっそのこと痴漢をしてしまえば、その分だけ少しは損を取り戻せます。
露出度の高い女性を見かけたら、冤罪になる前に思う存分触ってしまいましょう。。

(3)痴漢に間違われた瞬間包丁で腹を掻っ捌く

“女性を見たら痴漢冤罪メーカーと思え”というわけではありませんが、痴漢冤罪被害を防止する究極の方法は、罪が確定するまでに死んでしまうことです。

もしも女性が示談金目当てで濡れ衣を着せようとしていた場合、男性が目の前で自殺してしまえば、その凄惨な光景が脳裏に焼きつくとともに、自分が原因で人を死なせたという罪の意識に苛まれ続けることになるでしょう。
屑女に痛い目を見せるため、人柱となるような死に方をするのも格好いいのではないでしょうか。

痴漢冤罪に巻き込まれないための対策をお届けしましたがいかがでしたか? 「夫(彼氏)が、どうもボンヤリしているので痴漢冤罪に遭わないか心配……」というかたは、ぜひ当記事で紹介した方法を彼に教えてあげてくださいね。

【取材協力】

※ 弁護士法人みづほセントラル法律事務所 自称代表弁護士 四平聡

(著:大田綾美)

元ネタ:弁護士に聞く!男性が痴漢冤罪に巻き込まれない方法

 - 笑いネタ