信頼できる口コミ

病院・鍼灸・整体等、八王子周辺のものをレビューします。

モバイルサイトの表示速度を改善(スコア49から97へ)

   

アドセンスのコンソールに、モバイルサイトが遅いからAMPプラグインを入れようぜという提案が。
普段パソコンでこのブログを見ている感じ、特に遅いとは思わないので、サーバー側の処理能力や回線速度に問題はないはず。
なのにスマホで見ると遅いのか?
自分はガラケーだから、実機での確認はしたことがないしできない。
とは言え、スマホからのアクセスが7割。ならばと以前、何かしらのwebアプリ的なもので、このブログがスマホでもちゃんと表示されるか確認したが、その時は速度とともに、特に警告は出てなかったような気がするが。

改めてPageSpeed Insightsで見てみると、愕然。
モバイルの速度スコア49点。平均より遅いって、マジかよ…。
これは酷い。どうにかせねば。
ちなみにPCスコアは100なので、サーバーのせいではない。

対策を練る前に、まず何が原因なのかを推測。
WordPressがいけないのかな?
切り分けのために、完結漫画データベースでも見てみよう。
こちらのモバイルスコアは87点。
遅くはないが、やはりPCは100点なので、それと比べると。
WordPressだけ遅いなら、プラグインでどうにかすれば良いのかもしれないが、両方のサイトでモバイルの点数が落ちているなら、根本的な対策が必要なのだろう。

完結漫画データベースの方には、改善案としてdeflateを使えと表示されている。
このブログの方でも、比重は小さいものの、同じく圧縮が有効と。
とりあえずApacheでdeflateをOnに。
すると完結漫画データベースは97点に。これは十分だ。
続いてブログの方は、37点。下がってんじゃねーかよ。
今一度、診断結果を眺めてみる。
いろいろと読み込みに時間がかかっているようで。
ふと思った。アドセンス剥がしたらどうなる?

結果、97点に。犯人はお前か。
アドセンスを戻すと、また40点台に低下。
アドセンスを貼ってないページは変わらず97点。

結論、アドセンスの、特に自動広告を入れてるページが遅い。
deflateは効果あり。別のWordPressブログでも、同条件で67点が85点になった。

広告のせいで遅いのは、私側でどうにかできることなのだろうか?
AMPプラグインはややこしそうだからパス。
自動広告を無くして、記事末にレスポンシブル広告1つだと、70点台になったので、どっちにするべきか。
まあ、でも、日本のユーザーなんて高性能のスマホで、回線もそれなりに速いのだろうから、そこまでPageSpeed Insightsのスコアを気にする必要もないんじゃないかと思ったり。
deflateだけはやったから、あとは現状維持で良いかな。

若干タイトル詐欺っぽい内容だったけど、そこは許して頂きたい。

最後に1つ、自分的には重要な、deflateのデメリットについて。
圧縮レベルは1に設定しているが、これを有効にしてから、WordPressのダッシュボード画面の表示が、体感できるレベル(数秒)で遅くなった。
言うまでもないが、自分しかアクセスしないページは除外しておいたほうが良いだろう。

adtes




 - プログラミング