信頼できる口コミ

病院・鍼灸・整体等、八王子周辺のものをレビューします。

杉田水脈のLGBTは生産性がない発言について思うこと

   

衆議院議員の杉田水脈が雑誌に「LGBTは生産性がないから、そいつらに税金を使うのは無駄」的なことを書いて炎上した。
これについて私の意見を述べよう。

前もって断っておくが、杉田水脈は自民党議員の中でもかなりまともな方なので、私は彼女については比較的好意的な印象を持っている。
そういう人間の意見だということを分かった上で読んで頂きたい。

まず問題なのは、このニュースを目にした人の殆どが、杉田の寄稿した新潮45を読んでいないことだ。私も読んでいない。
思想が敵対する記者が恣意的に発言を切り取ったニュースからでは、杉田の真意は分からない。
この状態で批判や擁護コメントを書き込むことの方が、よほど生産性が無いのではなかろうか。
とは言え、私は今後も新潮45は読まないので、このニュースの記述を前提に意見を述べることすにる。

ざっくりまとめると「LGBT支援の度が過ぎる。彼らは子供を産めないから生産性がない。そこに税金を使うのは正しいことなのか?」という事らしい。
続いての問題は、この話の争点はどこなのかということだ。
「LGBTは生産性がないのか」
「子供を産まない人間は生産性がないのか」
「生産性がないことには税金は使わないのか」
「国会議員が性的少数派を軽視してる」
「国会議員が差別的な発言をした」
これらのように、読み手がそれぞれ好き勝手に争点を設定してコメントをするので、本質が振れてくる。

念の為、上記のものに対しても私の意見も書いておこうか。
LGBTは生産性がないというのは違う。税金を払っている限り生産性はある。
子供を産まない人間が生産性がないというのも同じく。
しかし、納税額が同じであれば、子供を産まない人間よりも子供を産む人間の方が生産性が高いのは確か。
生産性がないことには税金は使わないという理論はおかしい。生活保護や老人医療も生産性がない。
国会議員が性的少数派を軽視してるという点は、そもそも杉田は保守系議員なので、何の問題もない。
国会議員が差別的な発言をしたことに関しては、生産性という言葉の使い方が悪かった点は反省したほうがいいのかもしれない。

閑話休題。
この話の本質は何なのかと言うと、LGBT支援の度が過ぎるということだ。
これについては正にその通りだろう。
LGBTが弱者のふりをして権利拡大を叫んでいる。
大問題だ。決して許してはいけない。
多数派が少数派への配慮を強制される世の中はどう考えてもおかしい。
これに対して声を上げることの何が間違っているのか。
杉田水脈の主張は至極真っ当である。

最後の問題は、杉田擁護派がLGBTを叩き、LGBT肯定派が杉田を叩いている所だ。
杉田派もLGBT派も、実は叩くべき相手は同じなのだ。
双方にとって真の敵は、杉田に対して抗議を起こしたLGBT法連合会と、このニュースを記事にした記者である。
大半のLGBTはまともであるにも拘らず、一部の自分勝手なLGBTが権利拡大を掲げ、あたかもそれがLGBT全体の総意であるように見せて、全LGBTの評判を下げているLGBT法連合会。
元々問題のないことを偏向記事にして、健常者とLGBTを対立させようとする記者。
まんまとこいつらに乗せられて、「杉田は議員失格」だとか「LGBTは気持ち悪い」とか、そういうコメントをしてはいけない。
こうやって日本人同士が争うことで得をする国が隣にあるということを、私達は忘れてはいけない。

adtes




 - 政治