style

使用作品名:それは舞い散る桜のように その他
歌手:YURIA
Pt:0
登録者:管理人

歌詞

君のドレスが染められて
紅く 誰かの世界に

壁の向こう側で 叫ぶ声を聞かず
部屋の外を見ることもできず 震えてた

愛しはじめた時からずっと
別れがいつかきそうで
出会えた意味を探し続けて 今
涙の色は哀しみの色 それとも幸せな色
涙の訳が気づかなくて さよなら?

君の靴音コンクリートの上を淋しく奏でる

壁の向こう側の 消える人の想い
同じ時代に帰りたくなく 戻りたい

愛しはじめた時からずっと
傷つけてしまったけれど
心が壊れ泣いていた靴 今
涙の色は神秘的だね 忘れられない約束
君の涙が優しさをくれたと 今

時代は流れて感じないほど
僕は変わってしまった…
時代に刻まれ償える日がきたら
この約束の想いを君に
いつか再びその日が 触れられるなら
ずっとこの手で 彼方へ

コメント

コメントはまだありません

ランキング

無し