HALLUCINO

使用作品名:夢幻の迷宮3 OP曲
歌手:KOTOKO
Pt:0
登録者:管理人

歌詞

あの焼けた雲に残る影追って…

空をわけた 声を頼りに
眠りに似た 道を歩く
飛び方など 誰も知らない
辺りに 散らばった不条理

渦巻いた大地なら きっと会える
美しく着飾った 道化顔の 正体(リアル)

なぜ ここに生まれ そこを歩くのか?
積み上がる壁に 限りのない
夢 幻 群れをなす
姿は見えない 記憶を掠めた 影追って
誘い水の香りの中 今が続くのなら
逃れられぬこの夢を 纏いながら
明けの陽を見つけにゆこう


目蓋閉じて 指を伸ばせば
確かに在る 息の温度
素顔のまま 訳も解らず
流れて 傷跡を晒した

うねる炎のように 形を変え
踊り狂う感情 冷めた顔の 正体(リアル)

なぜ ここに生きて 声を嗄らすのか?
欲望の魔法 弧を描いて
弱い肩を 抱きよせる
飽きるほど強く 強く願ってた
この先も夢のような現実が ずっと続くのなら
かすかなこの温もりを
朝の来ない果てへさえ連れてゆくと


なぜ ここに生まれ そこを歩くのか?
失った鼓動 遠い闇に木霊している 呼んでいる
なぜ痛みだけが記憶を掠めてゆくのだろう?
見えるのなら 聞こえるなら 今が真実なら
鈍く光るこの道の 歪(いびつ)な砂
つま先に感じてゆこう

コメント

コメントはまだありません

ランキング

無し