IQ120の口コミ

病院・鍼灸・整体等、八王子周辺のものをレビュー

KAZUYAの青山繁晴批判について思う事

   

特に書かなきゃいけない話でもないか、私は参院選で青山繁晴に投票したし、私の勧めで妹も彼の講義に出ているので。

KAZUYAの言っていることには、私は賛同する。
オカルト的な変な話をすると、その他の部分まで疑わしく見えるから止めた方が良いというのは全くその通りの正論だ。
私も支持はしているがあのような部分は好きではないので、個人的にはやめてほしいとは思う。
しかし、やめたところで青山繁晴という議員の価値がより上がるかと言ったら、そんなに変わらない気が。
だったら本人の好きにやらせておけばいいのにと。
政治家に対して、あんたのこういう部分が気に入らないから直せって、だったら票を入れなければいいだけだし。
それか自分で立候補して、与太話を一切しない、それでいて青山繁晴と同じだけ国益に繋がるような活動できる議員になれば?

今回の件、何が気に入らないかと言うと、青山繁晴に眉唾の自慢話とかをやめさせるのが日本の為になると思って、そうさせたいのなら、あのような動画という手段が適切なのか。
そこが大いに疑問。
2本目の動画なんて、完全に青山繁晴を馬鹿にしただけの内容だ。
私には、ニュースの感想を言うだけの薄っぺらい動画しか作れないユーチューバーが、金稼ぎの為だけに批判しているようにしか見えなかった。
他にもっとやりようがあるだろう。
割と初期から、ニコニコでKAZUYAの動画を見ているが、最近の彼はビジネス保守が過ぎる。
例えば福田事務次官の時も、ネットでは擁護の声の方が多かったのに対し、記事をスクープしたのが自分が連載を持っている週刊誌だから、無理に叩く側に回って論理が破綻していた。
金稼ぎが悪いとは言わないが、今のKAZUYAは見ていて不快なことが少なくない。

さて、本題。
だからと言って、反左翼側の私たちは、どちらも攻撃すべきではない。
私はKAZUYAが好きではないが、彼の動画を見て政治に無関心な状態から、保守側に流れる若者は一定数いるだろう。
であるならば、たとえビジネス保守ユーチューバーだろうが、日本にはいないよりもいてくれた方がいい人なので、ここで殊更に叩く必要はない。
青山繁晴も、胡散臭い部分を差し引いたとしても、今の日本には絶対に必要な国会議員だ。
どちらの存在も、保守側にとってはプラスにはなれど、マイナスになることはない。
KAZUYA信者と青山繁晴信者が、ツイッターとかで争っても、得をするのは半日工作員だけ。
自分の書き込みが国の為になるかどうかを考え、感情に任せて悪口を書きなぐるのはやめよう。
青山繁晴を批判するのであれば、日本唯一の保守政党、日本第一党党首桜井誠のように「青山繁晴は入管法改正に賛成票を入れた。結局、自民党の中からじゃ何もできない」と言うようなものでないと。

以上、統一地方選前半戦惨敗日本第一党のステマでした。

adtes




 - 政治, 日本第一党